Microsoft Teamsは、友達と家族向けのサービスを開始します。

Microsoft Teamsは本日、アプリの新しいパーソナルバージョンをリリースしました。このバージョンでは、人々は友人や家族と個人的な時間で会うことができます。このアプリは、人々が正式に会うためのプロフェッショナルなプラットフォームであることが知られています。

このサービスは、企業で使用されているMicrosoftTeamとまったく同じです。これにより、チャット、ビデオ通話、カレンダー、場所、ファイルの共有を個人の連絡先と簡単に行うことができます。マイクロソフトは、24時間無料のビデオ通話の提供も継続しています。つまり、通話は24時間続くため、ユーザーは時間の制約なしに300人以上の人と会うことができます。

ただし、24時間サービスは1対1の通話でのみご利用いただけます。マイクロソフトは、パンデミック後60分までの最大100人のグループ通話を制限します

個人使用のための変更/更新は、Web、モバイル、およびデスクトップアプリ全体で行われるようになりました。以前、プレビューはiOSとAndroidで最初に起動されました。

チームアップデートによって提供される最高の機能の1つは、人々が仮想環境に置かれる「TogetherMode」です。それ以外に、ライブ絵文字リアクションとGIFの機能があります。さらに、特にTeamsユーザーである必要はなく、ネイティブアプリまたはブラウザーを使用して参加できます。

Microsoftは、「通話が終了してもチーム内のチャットは終了しない」ため、チームはズームよりも優れていると主張しています。これをZoomとTeamsの差別化要因として挙げ、Microsoftは、Zoomは仮想会議プラットフォームであり、TeamsはSlackとZoomの取り組みを1つの巨大な製品に組み合わせた完全なコラボレーションプラットフォームであると述べました。

さらに、Teamsユーザーには新しいcha機能が提供され、電話番号だけで非ユーザーを通話またはグループチャットに追加できます。

Microsoft Teamsのすべての新機能は、追加料金や登録なしで、本日から利用できるようになりました。